ぼくドラメモ

スマホゲーム「ぼくとドラゴン」の攻略記事などを書いてます。






スポンサードリンク

2018年02月19日

新ドラゴン 黄龍、セクトル

新ドラゴンの黄龍ですが、「え、有能じゃね?」みたいな。
まあコスト20なので有能じゃないドラゴンだったら実装価値ないんですけど。

ドラゴンブーストは二種類。
ステータス全能力4.5%、魔法ダメージ14.5%。
魔法ダメージは、正直魔法戦やらない人にとっては無価値ですが、魔法戦やる人にはとても重要です。

そしてまさかの全共鳴持ち。
バロンやらヴェズルフェルニル、凸コニなんかが一部で流行ですが、共鳴重視のギルドではとても有効だと思います。
今は地共鳴が主流ですが後々闇共鳴や天共鳴、新たな共鳴(全共鳴があるから新しい共鳴は無さそうですが。)が実装されても有効なドラです。

@気絶含む味方の全能力を上昇させる(味方生存者は上限値上昇)
A生存者含む敵全員の全能力を減少させる(敵気絶者は上限値減少)
B↑発動時の味方生存者と敵気絶者の数が多いほど効果上昇
C発動時のBPが勝っている時は直後に使用された味方の能力上昇系ドラブレの効果が上昇。
(直後のドラが共鳴持ちの場合効果がより高まる。)
スポンサ−リンク




一部効果はウロボとかキュウビみたいな感じかなあというところですが、バフデバフの効果数値がわからないのでなんとも。
ただ、指揮のうまい軍師のいるギルドやら上位でなければ、寝てくる相手は寝にくいし、発動まで何度か起きてくる相手殴っておけば相手もこちらを潰しにくく、回避に専念することが多くなると思う。


セクトルについてはドラゴンブーストは微妙。
効果としてはヴェズルフェルニルの派生。
闇共鳴なので闇共鳴ドラがもう少し有力なのが出てくればいいかなあ。
ただし、フワワやガルグイユ、などのバフドラが手持ちにいないなら使うべき。
@味方生存者の1〜3つの能力上昇(同じ能力が選択される場合有、上限値上昇)
A発動時のBPが勝っている場合3つ能力が選択される確率が上がる。
B発動時の敵気絶者の数が多いほど物攻と魔攻が選択される確率が上がる。

発動時に後衛に敵を潰してもらうか、前衛の何人かを潰し役にして(そこまでする必要ないけど。)物攻魔攻の確率を上げて受けるか。
発動時までにBPが勝っていないと3つ選択される確率が上がらないし、でも相手がガンガン攻めてくるタイプだと発動まで相手を殴ってBPを越させないようにしないといけないし、そもそも「確率が上がる」だけで。
風狸の場合は味方生存者が全員生存してる場合は必ずバフ値3倍になるけど、全員生存してないと1倍とか2倍とか、運良ければ3倍になるけども、確率で効果がどうこうっていうドラは正直使いたくない。
敵気絶者の数が多いほど〜っていうのも、下手したら寝られる可能性もあるし、今のところ闇共鳴版バロンみたいなドラゴンが来ない限り無理に使う必要はないです。
てか詠唱時間が長い。闇共鳴にこだわらないなら、ヴェズルフェルニル狩って使った方が良いし、限凸させれば断然ヴェズ。
posted by koronbon at 12:06| ドラゴン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

絶対やっておくべきこと。


これは人によると思いますが、個人的に、最低限やるべきことと思っていることです。
別に強制でもなんでもないし今すぐジャブジャブ課金して強くなるなら関係ない内容ですので帰ってどうぞ



@ひたすらホーム画面のスライムを狩りレベルを上げ、ドラゴン8体、オーブ20体を編成できるようにする。
Aレッドドラゴンなどの時間継続ドラは基本的に使わない。
B強いURドラが当たるまでは、アルナやフワワ、ヴェズルフェルニル、アーヴァンクなどの上限上げドラを育てていくこと。
Cドラゴンもオーブも、慎重に合成すること。
今は普段バトルに使わないドラゴンなども役に立つこともあるので、わからない時はギルメンやロビなどで質問などして、よく考えて強化合成するべきです。
D継承は慎重に。
Eゆくゆくは、魔法デッキ、物理デッキ、後衛応援デッキ、竜王戦デッキなどデッキをそれぞれ作っておくこと。
F軍師(バトルを指示する人間)がいる時は必ず軍師の指示を聞くこと。
バトルについて大してわかっていないなら、ドラゴンを出したり攻撃したり勝手に行動しないこと。
G軍師の言う事が聞けない・ギルドの方針に従えないなら他のギルドに移動し、自分に合ったギルドを見つける。
Hバトル参加時は必ず「イン」「参加」「よろしく」などの挨拶や、スタンプで存在アピールすること。
I気になることは必ず誰かに聞いて、不安なことは何でも相談し、自分の意見はなるべく伝えること。
posted by koronbon at 01:03| 初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

新機能 ドラゴンブースト実装!

ドラゴンブースト実装!イェーイ!と思いましたが、いざ使ってみるとクソ‥機能かなみたいな。
いや…良ドラ持ちさんとクソ課金勢はますます強くなっていくのでいいことだと思います。ハイ。ますます格差が広がって引退に拍車がかかりますね。
魔法ドラが物理攻撃アップ効果、攻撃ドラが魔法ダメアップ効果とか、物理ドラが魔法ステータスアップ効果とかとか。
良ドラ持ちとか課金者は限凸ドラ持ちがいるからまだ使えるかもしれないけど、無課金とか微課金じゃあってもなくても同じじゃ‥みたいな。
気休め程度に、少しでも足しになるならつけとくか!みたいな程度にしか感じない。
ギルメンはドブとか略してたし。

ただ、オーブやドラゴンのようにドラゴンブーストも装着数がもっと増えれば期待できますね。

ドラゴンブーストの効果については公式の攻略サイトに掲載しとけよ!!って感じですけど無くて。無くて。


※これから実装されることがあるのか謎だし期待薄ですが、万能神・北斗七星・黒陽・自由奔放などはドラゴンブーストの種類がなく、ドブの恩恵を受けられません。
※ドブは、ドブを装備したオーブにのみ効果が発動されます。
例1)ポセイドンに特性ダメージ上昇装備→ポセイドンの渾身のみ、発動した時のダメアップ効果が増加する。
※スカーや文房具などの気絶攻撃は、攻撃(生存者)のドブでは威力は上昇しません。攻撃ダメージ のドブで効果が出ます。ヴィクトリアなど生存者と気絶者どちらも対象のスキルは攻撃ダメージ(生存者)、攻撃ダメージの両方が発動されます。

とりあえずロビやらギルメンさんやら手持ちのドラゴンのドラゴンブースト一覧です。
ガチャのところでアイコンタップすれば各ドラゴンのドブが見られますっていうのはさっき知りました(笑)

限凸したドラなら、二倍近く効果数値(%)が変わるみたいなので、ウロボロスやティアマトなど限凸できてるならかなり強みになりますね。
スポンサーリンク





ハクタク→ステータス全能力
アプス→特性応援効果上昇、ステータス全能力スレイプニル→応援効果敵
オメテオトル→応援効果敵
フェニックス→攻撃ダメージ単体
ヴリトラ→攻撃ダメージ生存者、特性応援効果上昇
ケルベロス→応援効果味方
ペイルライダー→魔法ダメージ生存者
オルトロス→ステータス物防
冥ファフ→応援効果味方
ヨルムンガンド→特性ダメージ上昇、ステータス物攻
ハヌマーン→魔法ダメージ
シリウス→攻撃ダメージ生存者
ウロボロス→攻撃ダメージ
キュウビ→応援効果
コニラヤ→応援効果味方
エリュシオン→特性ダメージ軽減
猿神→特性ダメージ上昇
ヴィシャップ→特性ダメージ上昇
ウリディンム→応援効果敵
ガルグイユ→特性応援効果上昇
アポカリプス→応援効果敵
ウートガルズ→魔法ダメージ生存者
クルール→攻撃ダメージ
パズズ→攻撃ダメージ生存者
トラウィスカル→攻撃ダメージ
バルバロッサドラゴン→攻撃ダメージ生存者
フワワ→ステータス魔攻
ヴェズルフェルニル→応援効果
バロン→特性ダメージ軽減
イフリート→応援効果
ブネ→特性応援効果上昇
セルケト→特性ダメージ上昇
タルタロス→応援効果味方、特性ダメージ軽減
ブリーラー・レッスル→ステータス魔攻
ティタノマキア→魔攻
ムシュフシュ→応援効果味方、ステータス魔防
ティアマト→攻撃ダメージ生存者、応援効果味方
ジャブダル→応援効果味方
サクソン→特性ダメージ上昇
アルナ→攻撃ダメージ生存者
ア・バオ・ア・クゥー→応援効果
リンドヴルム→ステータス物攻
アーヴァンク→応援効果
天アトラス→ステータス物攻
クラーケン→魔法ダメージ
スレイプニル→応援効果敵
トナティウ→特性応援効果上昇
ズー→特性応援効果上昇
バラウール→応援効果敵
バシュム→攻撃ダメージ単体
金ファフ→攻撃ダメージ生存者、ステータス物防
ガルーダ→特性応援効果上昇、ステータス全能力
ジャガーノート→特性応援効果上昇
バハムート→特性ダメージ上昇、ステータス魔攻
ヴァルハラ→攻撃ダメージ単体、応援効果敵
ユグドラシル→攻撃ダメージ、応援効果敵
ギガントマキア→応援効果、特性ダメージ上昇
フローズヴィトニル→応援効果



posted by koronbon at 21:53| 新機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

共鳴

共鳴が実装されてかなり経ちましたが、いまいち重要視してませんでした。
というか、共鳴は強いんだろうけど同じ共鳴のドラを持っていないギルドとか、持ってても限凸してないから時間結構食うなあ、とか、そんな事ばっか考えてます。

勧誘かけて、バトイベ期間だけギルメン寄せ集めるギルドならやりやすいと思いますが、定住者の多いギルドだとどうかなあという感じ。
地共鳴ならドラ狩りでヴェズル落とせばいいだけですけど、なっかなか落ちなくてね!(笑)
更にまったりとか半隠居とか、やる気が微妙なメンバーがいるとドラ狩りもしないから…

だんだん共鳴使ってくギルドが増えてきているので、初心者の方もドラ狩りで共鳴持ちのドラが落ちたら、次に良いドラが来るまでは使ってみるのもアリですよ。

復刻ドラも使えるドラがいるので、エサにする前によく考えてみてください。

今は地共鳴がやりやすいんでしょうけど、闇共鳴と天共鳴もそこそこドラいるので、ギルメンのドラを見ながら試してみても〜。

以下、地共鳴持ちドラ一覧です。
他の共鳴はそのうち。

†地共鳴†
・ヒッポカムバス…ドラ狩りで入手可能。
限凸させてドラブレ進化させれば限凸無しよりも時間は短縮されますが、効果自体が微妙なので他のドラにした方が良い。あとは短縮してもちょっと時間長いので却下。
・ボラ…ドラ狩りで入手可能。
ヒッポカムバスの逆。ヒッポカムバスよりは時間短いけど能力1つしか上がらない…
どうしても共鳴積みたいならいいけど、他にフワワやガルグ、ヴェズルとかがいればこの子不要。
・バルバロッサドラゴン…劣化バロン。割と当たりやすいドラなので、バロンやウートが来なければ使ってもいい。けど上限上げなのか上限下げなのか効果がランダム要素強くて使いにくい。
・フリングホルニ…限定ガチャで入手可能。全能力上げはいいけど、HP下げ効果がぶらさがってるせいで時間が長め。
スポンサーリンク




連続で共鳴積むならちょっと微妙かも?
共鳴ドラ持ちが少ない場合はオススメ。
・ヴェズルフェルニル…ドラ狩りで入手可能。二体落ちれば限凸するので楽っちゃ楽。
後衛が使うと詠唱時間短縮されるのでイイ。
ただし、1〜3つの能力が上がるのはランダムなので、1つしか能力が上がらないこともある。
共鳴を積むことが大事だから〜と言われればそれまでだが、詠唱者の戦力が低いと能力1つが上がったところで微妙かなあと。
・フリカムイ…ドラ狩りで入手可能。
限凸すれば時間短いけど昨今、HP系ドラは死にかけてる。ので、ヴェズルのがオススメ。
ヴェズル落ちるまでは使ってもいいかも。
・バロン…ガチャで常時入手可能。バフデバフ、ラスドラにもなれるクソ有能ドラ。
ギルドや詠唱者のステによってはそこらへんのURドラより優秀。
ただラスドラとしては継続時間が短い上、敵のドラが効果継続中でないと継続効果が発揮されないので注意。
ラスドラなら、敵からのダメ軽減、味方のダメ上昇、と良い感じ。
限凸出来れば、バフ効果も強まるし時間短縮だし良いことづくめー。
・テジュ・ジャグア…ドラ狩りで入手可能。不要。
・ウートガルズ…ニヴルの劣化ドラ。限凸しやすい。
・コニラヤ…限凸しやすい。限凸すれば時間も短い方なのでまだ使いやすいかも?
 限凸で、味方のHP6万程度上昇、敵のHP4万程度減少、という感じ。
・ニヴルヘイム…当てやすく、避けにくいえげつないドラ。
ウートよりかなり使いやすい。
ただし凸ウートが複数あり、前衛が潰し上手ければウート二連がオススメ。
当てる自信無いならニヴルを後衛と協力して当てに行くとかするほうがいい。
posted by koronbon at 00:06| バトル知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

前衛デッキの組み方。

自分なりの前衛デッキの組み方を少し書きます。
ただし、ZやS上位でやり合うことは無いので、上位で戦いたい方は他のサイトでデッキ構築の仕方を閲覧してください。
物理と魔法それぞれのデッキの組み方です。
ギルドによって使わないスキルなどもあるのでご注意ください。



◆物理前衛◆
1.範囲攻撃…獣双炎破撃やフライクーゲル、スウィーツパラダイスなどの攻撃のこと。
基本的にどれもスキルコストが高いため、あまり多く組み込みにくいと思いますので、なるべくスキルコストが低く攻撃対象者数が多いスキルを選びましょう。
最低でも5以上は範囲攻撃を積むのがおすすめです。
BPに差をつける時や大勢起きてきた敵を相手にする時にオススメ。総攻撃時は消費APが大きいためあまり連発するのはおすすめしない


2.単発攻撃(消費AP5技)…音速スラッシュや疾風斬など。
特に疾風斬と光速スラッシュがおすすめです。
攻撃コンボを積みたい時や敵の生存者数を減らしたい時、ドラゴンブレイク発動時に敵単体を殴りたい時、総攻撃時に消費APを抑えたい時に使います。



3.二体攻撃…可憐斬り、稲妻斬りなど。
一度に二体、必ず当たる攻撃で、ドラゴンブレイクを浴びせない時に使ってもいいのですが、総攻撃時に使うと通常の範囲攻撃よりも消費APが少ないため相手がどんどん起きてきても素早く対応できます。


4.気絶攻撃…ダークスカー、あぶない文房具など。
総攻撃前にBPを突き放したり、総攻撃時に敵が起きてこないもしくは一人ずつしか起きてこない時などに使う。
一部気絶技は復刻しなかったり期間限定コラボで入手不可のものなのですが、文房具系の気絶技なら4月あたりにガチャの確率が上昇しますし、オールシーズンガチャで当てられます。
やはり課金スキルに比べると文房具系のスキルはダメージなどが微妙ですが、あればあるだけいいので、なんでも保存しておくと良いと思います。
文房具でも特性の積み方次第でとても強力になります!
アルシエルやケリドウェン、水着アスタロトやサンタキュベレー、ハロウィンニケなど、無課金でも文房具以外の気絶技を覚えるので、気長に育てましょう。


5.ダメージアップ特性…心眼、渾身、男気、憤怒など。
範囲攻撃が豊富になってきたら、特性の育成に力を入れること。
前衛は特にダメージアップ特性を重視して育成すること。

攻撃スキルにばかり気を取られていると特性が大分疎かになるので気を付けること。
後衛で総攻撃時敵に集中砲火したい時にも、ダメアップ特性は効力を発揮するので大切です。

ダメージアップ特性にも種類があり、
@物理ダメージを上昇させる特性
A魔法ダメージを上昇させる特性
Bダメージを上昇させる特性を強制発動させる特性
Cダメージ上昇特性の効果を上昇させる特性
D敵気絶者を対象にした攻撃時にダメージを上昇させる特性
などがあります。
B・Cの特性は、@・Aの特性の補助特性です。
なので基本的に@・Aの特性を増やす事、育てることをおすすめします。
Dは魔法戦や、通常時の追い討ち・気絶技使用時などに使えます。
生存者相手には効力が無いので注意。


特性の例
@の特性は上述しましたが、心眼・渾身・男気・憤怒・スネークキラー・カオスドライブなど。
Aの特性は魔眼・ソウルエレメンツ・陰陽師・ジングルベル・シャイニングウィザード・神通力など。
Bの特性は黒陽・男勝りなど。
Cの特性は北斗七星など。
Dの特性はオッドアイなど。



6.AP回復特性・AP軽減特性…海神、勝利の女神、死者への祈りなど。
前衛は総攻撃時にAPが切れてしまうとボコボコにされるので、それを避けるためにAP回復・軽減特性などはとても大切です。

プレイヤーレベルより戦力が低い人は課金している人が少ないので(戦力詐欺していなければ)、そういう相手の時はスカーや文房具がそこまで多く飛んでくることはないため味方前衛が意識して二人ずつくらいでバラバラに起きながら攻撃することでAPが無くなってタコ殴りにされても被ダメージが少ないのでうまく立ち回れるはずです。

ただし戦力が高い敵が揃っている相手や、敵後衛から攻撃が大量に飛んでくる敵を相手にした時はバラバラに起きると気絶技でBPガッツリとられて惨敗する未来しかないのでご注意を。
その場その場で臨機応変にどうぞ。

ちなみに、後衛をやる場合でもこれらの特性は重要です。
総攻撃時にライズやメリフルが使えないと味方前衛はダメージが出せなかったりするので負ける確率が上がります。
せめてライズが撃てなくても応援連打出来るくらいAPをうまく回せるようになると他の後衛もコンボが繋がりますし、味方に応援がいくので、慣れないうちは仕方ありませんが少しずつ応援の仕方にも工夫が必要です。

課金者であればAP回復特性・軽減特性が多くあるので長く通常応援連打していられるし大技の応援してもいいのですが、特性が揃っていない人や無課金微課金の人にはきついです。


7.AP回復スキル…不眠不休、無眠無休など。
特性に合わせてこれらのスキルなどがあると効率よく立ち回れます。
前衛やるなら大事。

8.攻撃コンボ加算特性…俊敏、不思議な約束など。
前衛は攻撃コンボが大事なので(なくても勝てる時は勝てますがダメージ倍率が違う)、コンボ加算特性は取得できれば必ずデッキに組む事。
後衛でもコンボ加算特性は大切なのでスキルレベルを上げておくこと推奨です。


9.敵ステータス吸収・減少特性…フォールンエンジェル、蠱惑、反逆など。
後衛が少なくてもこれらの特性があれば、敵からの攻撃を受けて気絶し敵のステータスを吸収することで自分のステータスに取り込む特性です。

後衛がいない・もしくは少ないギルドではこういう特性で敵から能力を吸い取り自分に取り込むことで応援がいらないバトルが出来ます。

一人で好きにやりたい人とか、大勢でやるのに疲れたとか、攻撃受けてBPわざと取らせる時などにおすすめ。

後衛攻撃を多く積んでいるギルド相手の時も、後衛の能力を吸い取っていくえげつない特性です。



10.気絶時ステータス上昇特性…ネバーエンド、常闇の結界など。
9.の特性が無ければこれらの特性を使うのもおすすめです。

ただしフォールンエンジェルなどに比べると効果数値は低め。


11.攻撃対象増加特性…破滅の予言。
攻撃対象1〜4体ならば、ランダムで1〜4体に攻撃が当たります。
ここでこの特性を積んでおけば、4体に当たるようになり、結果ダメージが増加します。

スキルコストが少ないときは無理に入れなくて良し。
この特性入れる前に心眼などの特性を育てること。

12.前衛ステータス上昇回復スキル…フォースエナジーや闘気術など。
少数ギルドなどで有効です。後衛が参加多ければほぼ不要かと。

これも、蠱惑とかあればあんま使わないかも。
敵が攻撃してこない時などにオススメ。


13.常時上昇系特性…熱血やライトニングなど。
あまり多く積むのは一部ギルドでは嫌われますが、自分は関係なく積めるだけ積みます。
常時特性なしの200万と常時特性ありの200万ではダメージなどが変わってきます。
2つとかそんな程度ではあんまりですが、少なくても積んでおくと良いですよ。

上位のギルドでは応援効果が薄まるとかなんとかうるさいところもあるのであまり積み過ぎると快く思われないかもしれません。
S以下のギルドでならガンガン積んでいいかと。

常時特性は後衛の時も、応援効果が上昇するのでおすすめ。


◆魔法前衛◆
基本的にトウテツやアイアタル、ジャターユなどの魔ドラ連発→ラストジル か、
トウテツなど連発→途中残り10分くらいでジル→トウテツ→タルタロなどデバフ→ラストジルなどでやりあうことがあると思います。

ただ、個人的には…途中にジルニトラ、ラストにジルニトラ、という二段構えだと結構負けることが多いです。
魔法系特性が揃っていて、iPhoneで、ブレイズが多く積んである前衛が揃っていればいいですが、回線弱者やアンドロイド(アンドロイドでも動作がサクサクな端末ならOK)、ブレイズが少ない、魔法特性が少ないという前衛がいると、ただただ魔法喰らってサンドバッグにしかならないのでそういうプレイヤーは魔法前衛に不向きです。

余談ですが自分もアンドロイドでしたが前衛で身動きが取れなくなることが多々あったのでiPhoneに変えました。
ジル2体で圧勝できたギルドでは、やはり上記の条件を満たしている人が多かったです。


1.気絶相手にも当たる魔法…デスブレイズ、シャドウブレイズ、ダークブレイズ、ノヴァ、ファイアブラストなど。
1体目のジルの時にブレイズやデスブレ、シャドブレ、アクアブレイズなどを使い、2体目のジルでファイアブラストやヘルゲイズなどの強力な魔法でケリをつけます。


2.魔法ダメージアップ特性…魔眼、ソウルエレメンツ、神通力、ジ・エンドなど。
積めるだけ積む事。
あればジングルベルやシャイニングウィザードがおすすめです。
ジングルベルやシャイニングウィザードは、発動する度ダメージが上昇するので入手したら絶対育てること。

3.常時上昇特性…魔法学校卒業証書、恋愛フィロソフィーなど。
その他カタリストやライトニングなどもおすすめ。


4.AP回復・軽減特性
ネクロマンサーや神の祝福、勝利の女神、ブリーシンガメンなど。
魔法戦は特に消費APが半端無いのでなるべくAP消費を抑えたいところです。



5.気絶時発動特性…フォールンエンジェル、ネバーエンドなど。
物理戦でも魔法戦でも同じようにこれらの特性は有効です。
魔法戦はほぼほぼ互いの潰し合いが絶えないので、応援を受けにくいです。
そのため気絶時に能力が上がる特性などはひとつでも入れておくべきです。

6.行動時発動特性…軍神、慈悲の心、マインドワン、信玄の寵愛など。
5と同じく、応援が受けにくい分自分の行動時や気絶時に能力を上昇させることで補うとダメージが安定すると思います。


7.追撃特性…自由奔放
物理でも魔法でも竜王戦でも使えます。
ただし物理戦では自由奔放の発動で敵を全滅させたりすることもあるので基本的にはデッキから外します。
魔法戦の時はほとんどの攻撃が敵を全滅させるので、追撃できた方が良いのです。


*魔法連舞ルールの時は戦力が低くてもダメージ出やすいので(戦力200万でもジングルベル有で1億ダメ出たので。)、特性などが多く揃っていれば戦力高くてもいいですがm、ブレイズなどを多く積みたいという時は多少戦力が落ちても大丈夫です。
(50万以上戦力が落ちるのはちょっと、よく考えてから、よく試してからデッキ作ってください。)


とりあえずの前衛の組み方ですが、魔法戦でも物理でいくなら魔法でなく物理デッキを組みますし、魔法と物理混合のハイブリッドデッキなどもありますのでギルドごとに変えてください。
posted by koronbon at 00:45| デッキ構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする